代表挨拶 

156196_361065680642018_329305829_n-2.jpg

はじめまして。

JAPANお香エッセンス協会 代表の如月香未と申します。

ご縁を頂き、誠にありがとうございます。

 

1999年WHO(世界保健機関)で『健康』とは、「身体的」「精神的」「社会的」「霊的(スピリチュアル)」に完全に良好な動的状態であり、単に病気あるいは虚弱でないことだと提言されました。
今や、人々の霊的な健康をケアする「spiritual care(スピリチュアルケア)」の時代に入っています。

 

これからの時代は、目に見えないものを大切にする価値観へと変化していきます。

自分自身を知る(思い出す)ことにより、生きる目的が明確化してきます。

益々、女性性が開花し調和が生まれてくることでしょう。

 

変化していく時代だからこそ!

自分の存在や価値を高め、揺るぎない【軸をたてる】ことが重要になってきます。

 

 

スピリチュアルお香の神髄を学び、幸せに満ちた日々を過ごしていただきたいと心から願います。

和の世界へ、こころの世界へ扉を開きましょう。

 

 

 

協会理念  

≪キラ輝く光の柱をたてる≫ 

 ~ありのままに自分らしく輝く~ 

 

お香を通して、多くの人の心と体を癒し、笑顔と愛に満ちた人生へと導く『お香伝道師』を育成しております。

 

本協会は、2つの柱があります。

スピリチュアルお香セラピストを養成する【香神道】

 

伝統的なお香づくりのスペシャリスト 香司を養成する【COU美創香家】

 

 

 

 

目的

 

悠久な時空をこえ伝えられてきたお香。

今も自然と共に生きてきたお香は、私たち人間へあらゆる恩恵を与えています。

目には見えないけど、確実に存在するお香のかおりは、心と体を癒し、潜在意識に働きかけ、眠っている能力・パワー・魅力をキラキラ輝かせ、本来の自分へと目覚めを促してくれます。

 

①当協会は、お香を通して「魂」の幸福度を向上し、覚醒させること。

②パワフルで≪愛≫に満ちた、この技術と資格をいかし、社会貢献できる人材を育成すること。

 

                                                      

 

 

 


 

 

 

2018.05.25 Friday